ブルック・ベントン★Brook Benton

ブルック・ベントンは”Rainy Night in Georgia”という ヒット曲で知られるバラード・シンガーですね! トニー・ジョー・ホワイト作のこの曲は、色んな人が カバーしてますが、ベントンのバージョンが一番好きですね。 優しいバリトン・ボイスには癒されます。 ”キディオ”はジョンリトル・ジョンやブレイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハイタイド・ハリス★Hi Tide Harris

ハイタイド・ハリスはジョン・メイオールバンドのギタリストとて 70年代に来日し、絶賛される。その後活動の場を日本に移し、 地道に活躍するブルースマンです。 78年に日本人をバックに録音したアルバムは 最高傑作と称されるが、今では手に入りにくいだろうな。 BBキング的なオーソドックスなギターと歌が かなり魅力的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェームズ・ギャング☆The James Gang

ジェームズ・ギャングというと、4期ディープ・パープルの トミー・ボーリンが参加していたグループというイメージですね。 ボーリンは結構好きなギタリストだったので、購入したベストCD だったが、内容は初期69~71年の、ジョー・ウォルシュ時代の 録音でした。しかし、トリオによるタイトな演奏は非常に心地よいですね! ウォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Temptations

80年代~90年代にザ・テンプテーションズの リード・シンガーを務めていた、アリ・オリ・ウッドソン が 5月30日に亡くなったそうです。享年58。 ご冥福をお祈りします。 過去記事はこちら↓ http://dozy77.at.webry.info/200612/article_6.html
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ケニー・ロギンス☆Kenny Loggins

ケニー・ロギンスは「フットルース」や「デンジャー・ゾーン」などの 映画主題歌のヒットで良く知られる人ですね。 ロギンスはコンピに収録されていた 78年の”Wait a little while”という曲が、 ご機嫌なナンバーで、かなり愛聴してました! \250で手に入れた16曲入りベストCDも 代表曲を網…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アーネスティン・アンダーソン★Ernestine Anderson

アーネティン・アンダーソはは28年生まれ。 テキサス出身で、幼い頃はゴスペルを歌っていたらしい。 40年代後半に、ジョニー・オーティス楽団で活動。 その後ジャズジャズ・シンガーとしての道を歩む事となる。 56年のデビュー作「ホットカーゴ」は未聴ですが 彼女の代表作として人気の高いもの! アンダーソンはジャズシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイティ・ジョー・ヤング★Mighty Joe Young

マイティ・ジョー・ヤングは、マジック・サムのデルマークのアルバム とかにも参加しているブルース・ギタリスト。地味ながらも 心に染みるギターと歌声は結構好きな人です! 70年代にソロ名義で何枚かアルバムも出しており、 「Live at the Wise Fools Pub」はライヴ録音。 ”That's All Righ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジージー・ヒル★Z.Z. Hill

82年にマラコ・レーベルより”Down home blues”の 大ヒットを放ったZZヒル。60年代から活躍するソウルシンガーだ。 ボビー・ブランド系の野太いブルージーな声と、 サム・クックの影響も見え隠れするソウルフルな歌唱は、 この人ならではの味わいで、大好きな人ですね! ZZは41年にテキサスで生まれ、育って…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ZZトップ☆ZZ Top

ZZトップは1969年、テキサス州ヒューストンにおいて、 意気投合した3人の男達によって結成されたのでした。 以来、ビリー・ギボンズ(vo,g)ダスティ・ヒル(Vo,Bs)フランク・ベアード(Ds) という不動の面子で、30年以上活動を続けるグレートなバンドですな! 70年代の録音を集めたべストアルバムは、大好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエル・トルバート★Israel Tolbert

フレディ・キングなどのカバーでお馴染み、 ”Big Leg Woman”のオリジナルを歌ってるのが、 イスラエル・トルバートというソウルシンガーです! アラバマ州出身、盲目シンガーということらしいですが、 詳しいことは分かりません。 Warrenレーベルはニューオーリンズのローカル・レーベルで、 スタックス配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッキー・ベイカー★Mickey Baker

ミッキー&シルヴィアとして「Love Is Strange」のヒット で知られるミッキー・ベイカー。 40年代後半よりセッション・ギタリストとして活動しており、 ワイルドなギタースタイルは魅力的だ! ベイカーというと、「Atlantic Blues: Guitar」というコンピ収録の インスト曲でのプレイが印象的だった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ルディ・トーマス★Ruddy Thomas

そろそろレゲエの季節かな! レゲエのCDは、Bオフで掘り出し物が有れば買っちゃうんだよね! ルディ・トーマスという人、昔ラジオで聞いて好きだった(82年頃かな) ”Key To The World”という曲が印象的でした。 51年にジャマイカに生まれた彼は、 裏方としてスタジオのエンジニアとかをしていたらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリソン・ウィリアムズ★Alyson Williams

アリソン・ウィリアムズは89年頃に注目を浴びた、女性R&Bシンガーだ! 下積み時代を経て、デフ・ジャム・レーベルより ソロ・デビュー作「Raw」をリリース。 ブルー・マジックのテッド・ミルズをはじめ、 オラン・ジュース・ジョーンズなどとのデュオ曲も話題となった。 モーメンツの ”Not on the Outsi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンハッタンズ★The Manhattans

マンハッタンズは、60年代にニュージャージーで結成された コーラス・グループ。ジェラルド アルストンがリードシンガー として迎え入れられた、70年代以降に名曲の数々を生み出してます。 85年位かな?サム・クックの”You send me”のカバーが印象的でしたが、 絶妙なハーモニーのバラードは、どれも味わい深いですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレンス・トレント・ダービー★Terence Trent D'Arby

テレンス・トレント・ダービーは、87年に英国からデビューした当時、 ブラック・コンテンポラリーの期待の新人歌手として、 アレキサンダー・オニールやフレディ・ジャクソンなどと 同じ括りで語られていたはずですね。 1stアルバムは、ゴスペルやソウルをルーツとした 名曲の数々が印象的で、よく聞いたアルバムです。 デビュ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

メタリカ☆Metallica

メタリカといえば、タモリ倶楽部の「空耳アワー」の 常連さんというイメージで、ちゃんと聞いたことは無かった。 図書館にあったのが、91年の通称ブラックアルバム? 大傑作”Through the Never”収録の、王道へヴィメタルです。 メタリカは、1981年にアメリカのロサンゼルスで結成された ヘヴィメタル・バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンズ・アンド・ローゼズ☆Guns N' Roses

ガンズは90年代に一世を風靡した、ハードロックバンドですね。 LAメタルって言うんでしょうか?”Welcome to the Jungle”は ラジオや有線で聞かない日は無いくらい、よく流れてましたね! さて、「Appetite for Destruction」今回初めてちゃんと聞いてみましたよ! これはかなり完成度の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

フィッシュボーン★Fishbone

フィッシュボーンは80年代末ころ、話題になったグループ。 スカとパンクとの融合、ホーンも含む黒人達が 元気一杯にステージを駆回るPVとかが、印象的でした! カーティス・メイフィールドのカバーも話題になりました! 彼らは、多分初来日のライヴを、後楽園ホールに観に行きました! 元気の良いバンドなので、客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティービー・サラス☆Stevie Salas

スティービー・サラスは90年くらいに現れて、 ファンキーでヘヴィーなロックを奏でておりました。 日本でも当時かなり話題になり、人気があったはず。 サラスは小学生の頃から、ブラック・サバスやキッスなど 聴くようにになり、15歳でギターを手にしてからは、 ヴァン・ヘイレン、UFO、エアロスミス、などをコピーするように。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポコ☆Poco

68年バッファロー・スプリングフィールドが解散、そのメンバーだった、 リッチー・フューレイとジム・メッシーナによってポコは結成された。 カントリー・ロックの代表的バンドだそうです! Bオフで¥250で手に入れた彼らの2nd「POCO」’70 程よくロックでカントリーな雰囲気、コーラスワークは絶妙です。 ラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more